おすすめの本・雑誌

科学道

科学を学ぶことは、世界を知ること。
私たちの生活の中にあふれている「科学」に触れてみませんか?
科学は苦手で…と思っている方にもワクワクしてもらえるような1冊をご用意しております。

  • 科学の発見

    スティーヴン・ワインバーグ/著 赤根 洋子/訳 <文藝春秋>

    科学の発見

    スティーヴン・ワインバーグ/著 赤根 洋子/訳 <文藝春秋>

    そもそも「科学」とは、何だろう?ノーベル物理学賞を受賞した著者は「ギリシアの「科学」はポエムにすぎない」「物理こそ科学のさきがけ」と言う。現代の科学者が科学史を見直し、「観察」「実験」「実証」をもとにした科学が誕生するまでを辿ります。
  • 元素生活 完全版

    寄藤 文平/著 <化学同人>

    元素生活 完全版

    寄藤 文平/著 <化学同人>

    「すいへーりーべーぼくのふね…」でお馴染みの元素が、かわいいキャラクターになった!!分かりやすい解説とポップなイラストで、より身近な存在に。どの元素とお友達になりたいですか?
  • New Scientist起源図鑑

    グレアム・ロートン/著 ジェニファー・ダニエル/絵 佐藤 やえ/訳 <ディスカヴァー・トゥエンティワン>

    New Scientist起源図鑑

    グレアム・ロートン/著 ジェニファー・ダニエル/絵 佐藤 やえ/訳 <ディスカヴァー・トゥエンティワン>

    何事にも「始まり」がある。宇宙の始まり、人類の始まりといった大きなテーマから、文字の始まり、トイレットペーパーの始まりなどの身近なテーマまで。当たり前に存在するモノの起源。そういえば考えた事がなかったと思ったら、この機会に読んでみてください。「へぇ~」が止まりません。
  • ロケットガールの誕生

    ナタリア・ホルト/著 秋山 文野/訳 <地人書館>

    ロケットガールの誕生

    ナタリア・ホルト/著 秋山 文野/訳 <地人書館>

    「コンピューター」として宇宙開発の発展に貢献した女性たちがいた。飛び抜けた計算力でロケットを開発。その活躍が、後(のち)の女性研究者やエンジニアの誕生につながっていく。今日(こんにち)の宇宙開発の礎になった彼女たちの努力と情熱に注目してください。
  • 世にも美しき数学者たちの日常

    二宮 敦人/著 <幻冬舎>

    世にも美しき数学者たちの日常

    二宮 敦人/著 <幻冬舎>

    数学者の日常をのぞいてみると、数学の楽しさが見えてくる。人生を賭けて難問を解く優秀な頭脳から飛び出す名言(迷言?)に、考えさせられたり、思わず笑ってしまうことも。数学が嫌いな方にぜひ読んでほしい一冊です。