福智町について

平成18年3月6日に旧赤池町・旧金田町・旧方城町の三町が合併して「福智町」が誕生しました。

福智町は、福岡県の中部から北東よりに位置し、直方市・北九州市・香春町・田川市・糸田町・飯塚市と隣接しています。福岡・北九州市の両百万都市の中心からそれぞれ約45キロメートル、約35キロメートルの距離にあります。 
人口は約2万4千人、面積は42.04平方キロメートル。町の中央部で彦山川と中元寺川が合流し、貫流しています。標高901メートルの秀麗な福智山がそびえ、その山頂一帯は北九州国定公園に指定されています。高さ25メートルの滝が小渓谷をなす上野峡の近くには400年以上の伝統を誇る国指定伝統的工芸品「上野焼(あがのやき)」の窯元が点在し、陶芸の里となっています。
  
また、「かもめの水兵さん」「うれしいなひなまつり」などでお馴染みの、数多くの童謡を作曲した河村光陽氏の生誕地でもあります。町内には樹齢520年以上の天然記念物「迎接の藤」(県指定文化財)や樹齢600年の「虎尾桜」(町指定文化財)があり、開花シーズンになると大勢の花見客でにぎわいます。豊かな自然と文化に彩られながら、福智町は観光・教育をはじめとする人の活力を生かしたまちづくりを展開しています。

データ

  • 人口:
    23,800人(2016年1月末現在)
  • 面積:
    42.04km²
  • 産業:
    上野焼PDF : 3.6MB
  • 文化・歴史:
    童謡作曲家・河村光陽、足利尊氏ゆかりの興国寺ほかPDF : 10.2MB
  • 景観:
    福智山PDF : 2.7MB
  • 祭事:
    山笠競演会、獅子楽ほかPDF : 8.1MB
  • 特産:
    赤池梨、上野の里米、小松菜、金田ハム、ミニトマト、イチゴ、とよみつひめPDF : 5.5MB
  • 温泉:
    ふじ湯の里、日王の湯、白糸の湯PDF : 5.6MB
  • URL :
    http://www.town.fukuchi.lg.jp/

沿革

1889年
(明治22年)
町村制施行により、現在の町域にあたる村(田川郡神田村・方城村・上野村)が発足。
1916年
(大正5年)
神田村が町制施行し、金田町と改称。
1939年
(昭和14年)
上野村が町制施行し、赤池町と改称。
1956年
(昭和31年)
方城村が町制施行し、方城町と改称。
2006年
(平成18年)
金田町・方城町・赤池町が対等合併し、福智町が発足。