illustration:Michitomo Baba (atodi.animations)

ふくちのち運営・
設計チームについて

建設アドバイザー、運営チーム、福智町役場メンバーに加え、“自分たちの町を自分たちでつくる”を設計コンセプトに掲げる、設計チーム(建築設計事務所+デザイン事務所+編集事務所)が中心となり、開館までワクワクした気持ちで待つことができるプロセスから、開館後のプログラムまで設計しています。

運営チーム

図書館・歴史資料館館長鳥越 美奈 とりごえ みな

福岡県北九州市出身。1988年から北九州市の複数の公共図書館に勤務。2008年に公共図書館の運営を担う図書館流通センターの社員として、北九州市立八幡西図書館の初代館長、中間市立中間市民図書館の館長を務めた。2015年5月より福智町立図書館館長・歴史資料館館長。

図書館・歴史資料館運営準備福智町教育委員会 生涯学習課 ふくちまちきょういくいいんかい しょうがいがくしゅうか

図書館の運営をはじめ、人権教育、総合体育事業、公民館の運営、文化財の調査など、福智町民の文化的な活動を支援している。

アドバイザー

図書館・歴史資料館建設アドバイザー花井 裕一郎 はない ゆういちろう

福岡県筑豊出身。NPOオブセリズム理事。 テレビ局での映像演出の経験を生かし、図書館をはじめ、まちづくり活動の拠点とする文化施設(美術館・博物館・文書館など)をワクワクする場としてプロデュースしている。著書に『はなぼん〜わくわく演出マネジメント〜』(2013年/文屋)。

設計チーム

建築設計事務所o+hおーぷらすえいち

2008年に結成された、大西麻貴と百田有希による建築ユニット。 建築におけるあらゆる 物事のあるべき関係やディテールを考えなおし、建築が新しく輝き、 もっとも愛される瞬間を探している。 著書に『大西麻貴+百田有希/o+h | 8stories(現代建築家コンセプト・シリーズ)』(2014年/LIXIL出版)。

デザイン事務所UMA / design farmゆーえむえー でざいんふぁーむ

2007年、原田祐馬により設立。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。

編集事務所editorial studio MUESUMえでぃとりあるすたじお むえすむ

多田智美が代表を務める大阪の編集事務所。「出来事の創出からアーカイヴまでを」をテーマに、アート/デザインを軸とした書籍や広報物、イベントや展覧会の企画・編集を手がける。「編集的思考」を軸に、これからの社会のあり方について考え、さまざまな方法で発信している。