photo: Satoshi Nagano

まちの先輩 1人目:稲垣和子さん(Fukuchi Family comolevi)

2016/07/26

ーー図書館・歴史資料館「ふくちのち」は、利用する人たちのさまざまな挑戦を応援する場所でありたい。そんな想いも込めて、すでにいろんな挑戦をされている“まちの先輩”に、活動のきっかけやエピソードをインタビューしていくコーナーです。

記念すべき第1回まちの先輩は、福智町を拠点に子育て支援を行う「Fukuchi Family comolevi(以下、こもれび)」の発起人である稲垣和子さん。稲垣さんは、2010年に愛知県から、旦那さんの出身地である福智町へと移住。現在、3人の子どもを育てながら、福智町や周辺のまちのお母さんたちと、子どもや家族、まちのこれからを考え、理想の状況をつくるべくさまざまな実践を行っている。

自然のなかで子どもが自主的に、自由に遊べる場をつくっていくこと。2014年より稲垣さんと数名のお母さんメンバーでスタートした「こもれび」の活動のひとつだ。

senpai_1_1
photo: Satoshi Nagano

稲垣:福智町は、暮らしていると「福智町って何もない!」ってよく聞くんですが、私にとっては、“自然が暮らしのすぐそばにある”ということが素晴らしい魅力だと思うんです。その豊かさを子どもたちに感じてもらいながら、普段あまり関わることのない年齢の異なる仲間と一緒に、のびのびと自由に遊ぶことができたらと、「プレーパーク」を企画しています。子どもたちの自主性や冒険心を尊重しつつ、毎回「こもれび」メンバーと試行錯誤を重ねているんです。ほかにも、みんなでご飯を食べる「コモレビピクニック」や外でゆっくりと本を読む「青空図書館」など、子どもだけでなく大人も一緒に楽しむことができる場づくりを実践しています。

senpai_1_2
福智町神崎「ふれあい塾」にて行われた「プレーパーク」

senpai_1_4
お昼ごはんは、参加者みんなでつくるスープやホットドック、BBQも

senpai_1_3
「プレーパーク」内の「青空図書館」

「こもれび」が主催する「プレーパーク」は、毎月第4日曜日に開催。ほかの地域でも同じような形態の催しは行われているが、平日に開催されることが多く、また、子育て支援施設の多くも基本的に平日のみ稼働のため、夫婦共働きで休日が土・日曜日の場合、頼れる施設や楽しめるイベントが限られてくる。「こもれび」は、子どもだけでなく、実際に子育てをするお母さん(お父さん)たちのことも考えながら活動を行っている。そもそも「こもれび」を立ち上げたきっかけは、何だったのだろうか。

稲垣:私自身、他県から移住したこともあり。まわりに友人も少なく、子育ての悩みを共有したり、相談したりできる場所が福智町になくて、一時期さびしい想いをしていたんです。町外に出れば相談できる場所はありましたが、子どもがこれから育っていくこのまちのなかに、安心できる場所があったらいいなと考えていました。そんななか、友だちに誘われて町主催の「Fukuchi地域活動スタートアップ講座」に参加。最初は、ちょっと行ってみようかなくらいのふんわりとした参加でしたが、「自分のできる範囲でまちおこしをしてみる」というテーマで議論したことが、活動を立ち上げるきっかけになりました。自分のできる範囲の小さなことが、地続きにまちづくりへとつながっていくのだと想像できたんです。

福智町の人口は、26年前の平成2年時に27,041人、世帯数8,304人、1世帯当たりの人員は3.26人。比べて平成22年時には人口24,714人、世帯数8,998世帯、1世帯当たりの人員2.75人と核家族化、人口減少は進んでいる。また、未来を担う子どもたち(0〜14歳)の人口割合は、平成2年に20.5%、平成22年には13.4%と少子化が顕著だ。
資料:平成2年,平成22年国税調査より

避けようのない人口減少の時代、どうしても行政の取り組み自体もコンパクトになってしまう。ただ、こうもとらえることができるーー地域に住む人たち一人ひとりの想像力が、まち単位で影響を与えていく時代になっていく、ということ。自分たちの環境を良くするため行動を起こしていくことは、どんな小さなことであれ、とても尊い。そして、そういった人たちを応援し、活動継続のための下地をつくっていくことが、これからの公共(施設)においてまず考えるべきことだろう。

稲垣:活動を行うなかで考えるのは、福智町にある豊かな自然や人との交流を生かし、下の世代につないでいくことが重要だということ。もっと、私たちのような子育てをしている世代が集まって、子どもたちやまちの未来を考えていきたいです。その過程に、地域のいろんな世代の人たちとつながって、関係を育てていけたらいいですね。子育てのしやすいまちであれば、自然と人は集まってくる。未来の仲間づくりを目標に、頑張りたいと思います。

|インフォメーション|
福岡県田川郡福智町の子育て支援グループ「Fukuchi Family comolevi」
詳しい活動内容は、Facebookページをご覧ください。

一覧に戻る