ふるさと納税

2017/01/11

ふるさと納税をしました。
福智町にお世話になり始めてから2回目のふるさと納税。改めてサイトを見てみると、特典のラインナップがどんどん入れ替わっているのを感じます。これまでなかった豪華な特典を見つけたり、季節感のあるものがあがってきたり、担当者さんの細やかな気遣いが伝わってくるようです。仕事への向かい方、こんなところでも勉強させていただいています。

さて、そんな中、もう何年も疎遠になっている友人から久しぶりにメールをもらいました。「初めてふるさと納税をしようと思い立った。どうせやるのなら鳥越が頑張っている福智町と考えた」とのこと。そして実際にふるさと納税をしてくれた模様。「うなぎを頼んだ。とっても美味しいうなぎが届いて、感動した」とあり、私もとても嬉しくなりました。そしてメールの最後に「備考欄に、“ふくちのちのために役立ててください”と書いたから」とありました。

私はこの「ふくちのちプロジェクト」で、町民の方々に支えていただいていると感じることが多くあります。スタッフのみんなも「ふくちのちオープンをみなさんに喜んでいただける形で迎えたい」と努力してくれています。でもきっと見えないところで大切な友人たちにもまた、私は支えてもらっているのだなとしみじみ感じました。

みんなの愛情がたくさんつまった「ふくちのち」、3月にオープンします。

福智町 ふるさと納税サイト
https://furusato-fukuchi.jp/

館長写真

鳥越美奈
福岡県北九州市出身。1988年から北九州市の複数の公共図書館に勤務。2008年に公共図書館の運営を担う図書館流通センターの社員として、北九州市立八幡西図書館の初代館長、中間市立中間市民図書館の館長を務めた。2015年5月より福智町立図書館館長・歴史資料館館長。

一覧に戻る