ふくちのちから

2017/9/7

ふくちのちから

9/3(日)多肉植物寄せ植えワークショップを開催しました!

去る9/3(日)、午前と午後の2回に分けて『作って、植えて、育てよう!多肉植物寄せ植えワークショップ』を開催しました。

講師は筑豊では初の青木式ギャザリストでいらっしゃる佐々木冴加先生です。

空き缶に包装紙や布、革、レースなどを使ってみなさん思い思いにリメイク。アクリル絵の具でユーズド感を出す方法も教わりました。

みなさんのセンスの良さに脱帽です!

 

次に多肉植物を3つ選んで、寄せ植えをしていきます。

ベラボンと呼ばれるヤシカラのチップを缶にいっぱいふんわりと入れ、根の土を落とした多肉植物を植えていき、ミズゴケで植物の間を埋め、さらに周りをココヤシファイバーで覆って見栄え良くしていきます。

かわいらしい多肉植物の寄せ植えの出来上がりです。

多肉植物の管理方法も教えて頂きました。

お日様が好きな多肉植物ですが、葉っぱや茎、根に水を溜める習性があるそうで水やりの手間もさほどなく育てやすいそうです。

とても素敵に出来上がった多肉植物の寄せ植え、どうぞ長くみなさんに楽しんで頂けたらと思います。

佐々木先生、ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

 

スタッフ M・H

 


Categorised in: ふくちのちから