ふくちのちから

2018/3/25

ふくちのちから

3月24日(土)に、料理講座「自分を作る大切な食事~お弁当編~」を開催しました。

 

温かい春の陽ざしが降り注ぐクッキングラボで、健康アドバイザーの福原たか子さんより、身体に優しい食材を使ったお弁当の作り方を教わりました。

 

 

 

キーワードは、「まごわやさしい」・・・「まめ」「ごま」「わかめ」「やさい」「さかな」「しいたけ」「いも」と関係のある食材を使いました。

 

 

 

お子さんから大人の方まで、相談しながら教え合いながら、おいしいお弁当の完成を目指しました。

 

まずは・・・。

この材料を混ぜ合わせて、『鶏肉のハンバーグ』を作ります。

 

 

丸めて焼いて・・・。

 

 

こちらは・・・。

「えのき」を豚肉で巻いて、『えのきステーキ』になります。

 

 

そして、こちらは・・・。

中学生の女の子が、初めての『卵焼き』に挑戦です!

 

 

 

ママに教わりながらの『卵焼き』作り。

 

 

かわいい手で・・・。

彩りを添える『酢の物』を、丁寧に作っています。

 

 

みんなで・・・。

白玉粉などを混ぜ合わせて・・・。

 

 

デザートの『3色だんご』も作りました。

 

 

この他に、『きんぴら』『野菜の煮物』『くだもの』『ごはん』を、お弁当箱に詰めると・・・。

元気が出そうな・・・身体が喜びそうな・・・おいしそうなお弁当が出来上がりました!

 

お弁当箱いろいろ・・・個性いろいろ。

 

 

色とりどりのお弁当!

 

 

 

今回参加してくれたお子さん達から、「料理のおもしろさを学ぶことができた」「もっともっとりょうりをしたい」「みんなで作って楽しかった」などの感想をいただきました。

進んで野菜を切ったり、卵を焼いたりしてくれたお子さん達。

その姿を、温かく支えて下さった大人の方々。

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

福原たか子さんに教わる料理の講座は、今回が3回目でした。

大人気の講座で、繰り返し参加される方もたくさんいらっしゃいました。

毎回楽しくご指導くださった福原たか子さん、お世話になりました。

ありがとうございました。

スタッフ Y.S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Categorised in: ふくちのちから