ふくちのちから

2017/12/14

ふくちのちから

12/10(日)に、海外の生活や文化に触れる講座~エクアドルって?ドコニアル?~を開催しました。

 

 

南米エクアドルにて、JICAシニア海外ボランティアとして栄養改善事業に携わって

おられた松本やよいさんより、エクアドルの生活や文化について、興味深いお話を

たくさんお聞きしました。

お話の内容は・・・赤道直下の国。ダーウィンの進化論で知られている「ガラパゴ

ス諸島」がある国。「パナマハット」として知られている帽子の原産地。動物と人

間が共生している国(イグアナやペリカンなどの野生動物が町のいたる所にいる)

・・・などなどでした。特に印象に残ったのは、エクアドルのある場所は、標高が

日本の富士山の頂上と同じくらいだというお話です。どんな風に生活されているの

か、想像しながらお話を聞いていました。

 

お話の後には、エクアドルのお菓子やお茶の試食と民族衣装の試着も体験していた

だきました。

 

ケープをつけて、パチリ☆

 

スカートの裾の刺繍が、とてもきれいでした。ちなみに、この刺繍の幅の違いに

よって、金額が違うそうです。

 

 

パナマハットを被って、パチリ☆

 

 

お話の他に、エクアドルの本や雑貨などもご紹介いただきました。

(講座を開催した部屋に展示)

 

 

雑貨の一部をご紹介します。

 

クルミの中のかわいい世界。

 

 

銀がたくさん採れるということで、こんなに美しい銀細工。

 

 

カラフルでかわいらしいブローチ。

 

講座にご参加くださった皆様、楽しいお話をお聞かせくださった松本やよいさん、

ありがとうございました。

 

 

『ふくちのち』1階ワクワクワ広場では、現在、「エクアドル展」を開催中です。

エクアドルの写真や民族衣装の展示を通して、エクアドルの生活や文化をご紹介

しております。

開催は、12/15(金)<明日>までですが、ぜひご覧ください。

 

 

 

エクアドルに関する本をご用意して、皆さまのご来館をお待ちしております。

スタッフ Y.S

 

 


Categorised in: ふくちのちから