ふくちのちから

2018/5/10

ふくちのちから

ふくちのち皐月バージョンその②

毎月1日の館内整理日には、館内の模様替えを行っています。

5月2日の”ふくちのちから”では1階のご紹介をしましたが、今日は2階のご紹介です。

まずは、2階『特集文学1』こちらは、2階北側閲覧室にあります。小説やエッセイなど、文学の本がならんでいる棚のほうです。

『特集文学1』では、5月の記念日に合わせた3つのテーマの展示を行っています。

5月12日が看護の日、5月17日が高血圧の日であることから、高血圧と認知症をテーマに展示をおこなっています。

また5月23日が、こいぶみの日であることから「恋文今昔」と題し、手紙の書き方から手紙が登場する小説などを展示しています。31文字からなる百人一首は、昔々の人が思いをつづった恋の歌が多く、むかしむかしの恋文ともいえるのではないでしょうか。

 

次にご紹介するのは『特集文学2』こちらは、2階北側閲覧室の9類 その他の文 の棚に設置しています。

テーマは「ふくちのち貸出BEST 10」 2017年3月19日のオープンから1年間の文学作品貸出BESTです。貸出中の本は、カウンターまたはふくちのち公式サイトからご予約ください。

最後にご紹介するのは、『特集実用書』こちらは2階ふくちやまラウンジにあります。

このコーナーには、5月4日みどりの日にちなんで、いろんな種類の緑の本を集めてみました。

テーマは、本の森へようこそ。

開館以来”植物”に関わるワークショップをたくさん開催してきた”ふくちのち”にぴったりのテーマです。

新緑の美しい福智山を眺めながら、ぜひお気に入りの”みどり”を見つけてください。

 

1階、2階とご紹介したふくちのちの特集コーナー。各コーナーのディスプレイや装飾は、担当スタッフお手製です。

ご来館の際には、ぜひ特集コーナーへお立ち寄りください。

スタッフ S・K

 

 


Categorised in: ふくちのちから