お知らせ

2019/3/27

ふくちのちから

ふくちのちの虎尾桜

ふくちのちクッキングラボ裏「読書の森」には、あの「虎尾桜」があるのをご存知ですか?

 

 

福智山の中腹に立つ、町の天然記念物に指定されている「虎尾桜」。

 

 

 

種類は「エドヒガン(江戸彼岸)」という、桜の野生種のひとつで、その昔、江戸で春の彼岸の頃に咲いたことからその名が付きました。

枝の様子がトラの尾に似ていることから、地元では「虎尾桜」と呼ばれています。

 

 

福智山に立つ「虎尾桜」から生まれた、ふくちのちの「子・虎尾桜」。

春の暖かな日差しの下で、見ごろを迎えています。

 

 

「虎尾桜」が彩る、3年目の福智町図書館・歴史資料館ふくちのちへ、皆さまのご来館をお待ちしております!!

 

 

ふくちのち開館前公式サイト「ふくちのちができるまで」

「虎尾桜を心配する世話人会」の方のインタビュー記事も、是非あわせてご覧ください。

 

スタッフ M・S


Categorised in: ふくちのちから