ふくちのちから

2018/5/16

ふくちのちから

【食育講座:朝食づくり おにぎりからはじめよう!】美味しくできました!

5月6日に、食育講座:朝食づくり おにぎりからはじめよう! を開催しました。

学校が提唱している『早寝・早起き・朝ごはん』のきっかけづくりとして、おにぎりをつくりお味噌汁と一緒にたべました。講師は、三浦さん(福智町立金田中学校調理員)と早谷さん(福智町給食センター調理員)です。福智町調理員は、昨年「学校給食コンクール」に出場し最優秀賞である”県知事賞”を受賞されました。

2人の”給食のお兄さん”によるおにぎり講座。まずは朝ごはんの大切さとおにぎりの握り方をお勉強しました。

おにぎりを握る時にも、利き手があるってご存知でしたか?右利きの人は、右手をお山の形にして左手をお皿ににするそうです。左利きの人は、左手がお山の形になります。今まで何気なく握っていたおにぎり、新しい発見でした!

さて、いよいよおにぎりを握ります!!みなさん熱心に説明を聞いていました。

 

おにぎりは、何もつけないもの、塩おにぎり、具入りおにぎりの3つを作りました。

何もつけないものは、希望の方は焼きおにぎりにしました。

具は、梅干し、昆布、鮭から好きなものを好きなだけいれて、海苔をつかったデコレーションもしました。

できあがったおにぎりは、”給食の味”のする美味しいお味噌汁と一緒にみんなで食べました。

 

 

優しい塩味のおにぎりも、具がいっぱいつまったおにぎりも、可愛らしいデコおにぎりもとってもおいしかったです!!(個人的には、香ばしい焼きおにぎりがイチオシでした)

学校給食にだされる予定のお味噌汁は、給食センターで使われている材料で作って頂きました。

身体も心もホカホカ温かくなる、おにぎり朝食講座でした。

”給食のお兄さん”、参加者のみなさま、ありがとうございました。

スタッフ S・K


Categorised in: ふくちのちから