お知らせ

2018/11/24

ふくちのちから

【九州歴史資料館ワークショップ】ご参加ありがとうございました。

11月23日(金)、ワクワクワ広場にて【九州歴史資料館ワークショップ】が開催されました。

 

 

3連休の初日ということもあり、大勢の方にご参加いただきました。

今回のワークショップは、①機織り、②古代衣装着付け、③土器パズルの3種類の体験が出来るものでした。

 

①コースターを作ろう!機織り体験

昔の人が使った手法を使ってオリジナルのコースターを作りました。

 

 

見慣れない形の道具に、参加者の皆様は興味津々!

九州歴史資料館のボランティアの皆様に、使い方を教えてもらいながら、一糸一糸丁寧に織っていきます。

 

 

 

「昔の人はこれで着物を作っていたの!?とても大変だったんだね!」と、感心の声がたくさん上がりました。

自分だけのオリジナルのコースターと一緒に、はい、ポーズ♪

 

 

 

②古代人に変身!?古代衣装着付け体験

古代の人たちが来ていた着物を着られるこちらのコーナー。

撮影スポットの背景は、九州歴史資料館の方々の手作りのイラストです。

 

 

「この木の棒、聖徳太子が持ってるものと同じだ!!」

「この服、学校の教科書で見たことがある!」と子どもたちは大興奮!

 

 

古代人になりきって、はい、ポーズ♪

 

 

 

③元通りにできるかな?土器パズル

バラバラになっている土器の復元作業が体験できるこのコーナー。

小さいカップ型の土器、底の広いお椀型の土器、そして大きな壺型の土器の3種類のパズルがありました。

 

 

カップ型とお椀型の土器はすぐにクリアできる参加者が多かった一方、

一番大きな壺型の土器はとても難しく、参加者の皆様は大苦戦!

 

 

「ここがつながる?ここがくっつく?」と皆で頭をひねります。

実際に博物館等で、出土した土器の復元作業をする時、作業員が一番頭を悩ませるのはこの段階なんですよ。

土器に残された模様などの手がかりから、元の土器の形を目指します。

 

 

難しかった分、「出来た!!」と、完成したときの喜びはひとしお!

 

 

 

 

また、アンケートに答えていただいた参加者の方へ、九州歴史資料館の皆さまが作成した組紐のストラップをプレゼントさせていただきました。

 

 

九州歴史資料館では、この他にも様々なワークショップを行っています。

12月15日(土)、組紐ワークショップも開催されますので、是非足をお運びください。

詳細は下記リンクをご参照ください。

九州歴史資料館 ホームページ

九州歴史資料館 イベント案内

九州歴史資料館 組紐ワークショップ(事前申込が必要です。)

 

”古代を知る”という新しい学びと体験が出来て、とても楽しく賑やかなワークショップとなりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

最後になりましたが、今回お手伝い頂きました、九州歴史資料館のボランティアの皆さまに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

スタッフ Y・M / M・S


Categorised in: ふくちのちから